« 石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ⑤ | トップページ | ムギマキ »

アカアシチョウゲンボウ

お隣の干拓地へ出かけて,
あちらこちらと見て回っているとき,
遠くの電線にチョウゲンボウらしいのがいた。
近づいて双眼鏡で確かめると,
お目当てのアカアシチョウゲンボウだった。
幼鳥だ。
生まれて初めての渡りをしている途中なのだろうか。
01_20191026220301





車でそっと近づくと,意外にも逃げ出さなかった。
02_20191026220301





やはり猛禽。
鋭い目元をしていた。
それに,真っ赤な足が印象的だった。
03_20191026220301





長い間,丹念に毛繕いをしていた。
04_20191026220301





腹が減って自分を食べているわけではないだろうけど・・・?
05_20191026220301





お決まりの頭掻き。
至極気持ちよさそうな顔。
06_20191026220301





毛繕いを終えたアカアシが,
じっと下の草むらを見ているなと思っていると,
あっという間に急降下して,
バッタを捕らえて戻ってきた。
07_20191026220301





場所を変えて違う鳥を待っていると,
遠くの木にアカアシチョウゲンボウがやって来た。
それで,そっと近づいて撮った。
電線止まりばかりだったので,
周りがすっきりしないけれども嬉しかった。
08_20191026220301

アカアシチョウゲンボウは複数個体やって来ているようだった。

以前お会いした地元の方に,またお世話になりました。
ありがとうございました。

|

« 石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ⑤ | トップページ | ムギマキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ⑤ | トップページ | ムギマキ »