« 東与賀 9/29 | トップページ | 石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ②  »

石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ①

数えてみると8回目の石垣・与那国だった。
台風通過直後だったので,大いに期待して出かけた。

いつもどおり,最初に石垣島で鳥見。
カンムリワシの冠を初めて見た😃
なんと,立派に逆立っていた。
それに,獲物を捕まえているのも初見だった。
01kanmuri





冠を寝かせると,こんな風に。
ところで,
掴まったのはどうやらシロハラクイナだったらしい。
電柱のてっぺんから足がニュッと突き出ている。
食事の様子も撮ったんだけれど,一寸・・・。
02kanmuri





これは,近くにいた別の個体。
猛禽とは思えない可愛い顔つきをしている。
03kanmuri





石垣島にすっかり定着してしまったカタグロトビ
ずっと最初のポイント辺りに住みついている。
2013年4月に初めて与那国島で見たときには,
とにかく大興奮だったけれども,
ここに来ればいつでも見られるとなると,
ありがたみが少し薄れてきたような・・・。
04kataguro





小さな猛禽,シマアカモズは至る所で見かけた。
銀色の頭がきれいだ。
05simaaka





人工池を飛び回っていたクロハラアジサシ若鳥?)がちょっと休憩。
06kurohara





すぐ側にいたクロハラアジサシの幼鳥。
07kurohara





休耕田で草の実を食べていたシマキンパラ
外来種。
08kinpara





水田地帯に数羽でいたインドクジャク
一緒に,白化個体もいた。
外来種。
09kujak


石垣島は,独特の留鳥が何種類かいるので,
渡り鳥が不作の時も,被写体に困ることはない。
これは,とても安心できる。

|

« 東与賀 9/29 | トップページ | 石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ②  »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東与賀 9/29 | トップページ | 石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ②  »