« 石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ① | トップページ | 石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ③ »

石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ② 

石垣島では,ムラサキサギは定番の鳥だ。
大体いる場所は決まっていて,水田の周囲が一番多いようだ。
草が茂っている,休耕田,あぜ道,水路などでよく見る。
それから,サトウキビの刈り取りをしている畑にも,
飛び出す虫を狙ってやって来る。

今回は,川岸の草むらでエサ取りをしていた。
ムラサキサギは派手な色をしているけれど,
結構な迷彩になっていて,見逃しやすい。
02sagi





カメラが気になったらしく,飛び出しの準備に入った。
03sagi





飛び出した。
04sagi


05sagi





クロサギの白色型というのがなんとも面白い。
黒サギの白色型なんだから,白サギ??
普通の白サギよりでっかい脚をしているけれどもね。。
ここでは,本家本元よりよほど目にする。
 06kuro





こちらが,本家本元です!
07kuro





つぶらな瞳のシロハラクイナ
農道とかを横切る姿をよく目にするけれども,
とにかく警戒心が強く,
じっくりとは撮させてくれないことが多い。
01siro





今頃は地元でも良く目にするオオメダイチドリの幼鳥。
地元では大抵,真っ黒な泥の上で見るので,
こんな環境はとても新鮮で嬉しい。
08omed





近くで盛んに餌を探して歩き回っていたミユビシギの幼鳥。
地元の干潟ではあんまり見かけることのない鳥なので珍しかった。
09miyub





石垣島では,いたるところでツメナガセキレイの幼鳥を見かけた。
なぜだか,成鳥はほとんど目にしなかった。 
10tume


石垣島の定番の一つ,ズグロミゾゴイを
見かけたけれど撮せなかっのが心残りだった。

|

« 石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ① | トップページ | 石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ③ »

遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ① | トップページ | 石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ③ »