野鳥

オオカラモズ

ちょいと足を伸ばして,鳥見に出かけた。

人なつこいオオカラモズがいた。
この電線がお気に入りらしく,長い間とまっていたが,
どうやら餌を探していたようだった。
長い尾をしている。
Okara01


Okara02





近くには,ミヤマガラスに混じって
コクマルガラスの幼鳥が2羽いた。
この2羽は仲が良く,互いに毛繕いをすることもあった。
Kokumaru





電線には,ホシムクドリもとまっていた。
地元でもよく見かける鳥だけれど,
光の当たり具合で青や紫に輝いて,きれいな鳥だ。
Hosi





ハシボソガラスが何か追いかけているので,
何だろうと思っていたら,コミミズクだった。
昼間なので,草むらに休んでいたところを追い出されたらしい。
かわいそうに,何時までも追い回されていた。
Komimi





アカアシチョウゲンボウがホバリングしていた。
胸から腹にかけての黒い縦斑がよく目立つ,
幼鳥だ。
Akaasi





放置されたキビの仲間(?)の実を食べていたマミジロタヒバリ
立ち姿が美しい鳥だ。
Mamijiro01





この冬も,またナベコウに会えた。
いつ見ても,印象的な目をしている。
今年は,1羽だけでやって来たようだった。
Nabe


今回の鳥見で色んな方に会い,情報を頂きました。
ありがとうございました。
おかげ様で,期待していた鳥たちには,全て出会うことができました。

ハイチュウ♂が出た時に
僕だけカメラを出していなかったのがちょっと残念でしたけれど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教えてください!!

鳥の撮影を始めて,ほぼ10年。
撮る度に精選して残したつもりの画像。
改めて調べたら,10万を軽く超えていた。
だから,良い画像や重要な画像だけ,
バックアップしておきたい。
そのためには,全画像を再点検しなくては・・・・。
あ~~あ・・・

撮る度に,鳥の名を確認して,
鳥毎に,年月日・撮影場所・鳥名のフォルダを作成。
(180815東与賀アオアシシギ,とか)
その中に,撮影し(精選し?)た画像を保存し,
そのフォルダを,鳥名のフォルダに保存する。
と言うことを繰り返してきた。
だから,例えば「アオアシシギ」というフォルダには,
今まで撮影したアオアシシギの画像が,
撮影年月日順に全て保存されている。

ところが,撮影後の画像整理中に,
何の鳥だかよく分からないのがあり,
それは,「不明の鳥」というフォルダに,
年月日・撮影場所を付けて,とりあえず入れておく。
そうやって後で分かった鳥,教えて貰った鳥がいくつもある。
しかし,まだまだ未解決の鳥もある。


そこで,以下にあげる画像中の鳥の名前を教えてください。

きちんとピントが合っていないものや,
強引にトリミングして見づらいのがあるので,
どうぞ,勘弁してください。

これは,8月28日に,佐賀県東与賀干潟で撮影したものです。
右の2羽は,オバシギです。
左のシギはなんでしょうか?
胸から腹にかけての黒い斑が特徴的です。
110828





10月23日に佐賀県福富干拓の中の溝で撮影。
奥にいるのは,クサシギです。
手前で杭の上にいる鳥はなんでしょうか?
オジロトウネンにしては,脚の色が??
そもそも,シギなんでしょうか?
そのときは,「変わったイソシギがいるぞ」
と思って撮ったのですが。
111023





10月11日早朝に,長崎県諫早干拓で撮影している時,
はるかな頭上を,100羽程の群れで飛んでいった鳥の一部です。
12101101





別のショットを,強引にトリミングした画像です。
シギにしては,嘴の長さが短いようなので・・・,
これは一体なんでしょう?
何だ,○○だったのか,
という結果になりそうな気もしているのですが・・・。
12101102





12月12日に,島根県斐伊川河畔で撮影。
ホオジロの仲間のようですが,
オオジュリンでしょうか?
しかし,頬の黒斑の模様がなんとも・・・
111217





4月14日に沖縄県与那国島唯一の池で撮影。
マガモの♀ではという見方もあるのですが,
日本にいない南国系のカモなんでしょうか?
160414


以上,5種類の鳥の画像を掲げました。
時々思い出しては,「何だろう?」と悩んできた鳥たちです。

どうぞ,御意見をお聞かせください。
よろしくお願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

在庫から

最近,あちらこちらを見て回った。
そして,色んな鳥たちに出会った。

今年はコチョウゲンボウ♂に良く出会う。
通りかかった堤防道路にとまっていたけれど,・・・
Cocho01





カメラを嫌がって飛び出した。
Cocho02





堤防の上にとまっていたチョウゲンボウ♀は,可愛い顔をしていた。
Tyoge





正体不詳のハヤブサ亜種にも出会った。
車の中からカメラを出して撮影していたら,
電柱の真下まで近づいても飛び出そうとはしなかった。
Who





どうやっても近寄れない,おまけにグチャグチャの中に
初めて見るトラフズクがいた。
時々,しぶしぶといった感じで少しだけ目を開けた。
Pt9a0934





こちらの方が♀ではないかと思うのだが,よく分からない。
Pt9a1003





焼いた畑地で久し振りのムネアカタヒバリ
Mune





近くでミミズを捕らえたジョウビタキ♂。
Jobi





ありふれているのであまり見向きもされないカワラヒワ
だけど,実はとてもきれいな色彩の鳥だ。
マシコやヒワたちと同じ,アトリ科の鳥だものね。
Hiwa


最近,ガソリン代が少しずつ高くなってきている。
困ったことだ。
遠出する時にも,高速道路を使わないようにしないと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごあいさつ  ’18

20182_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ごあいさつ2017

2017_8

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ごあいさつ 2016

Photo_10

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新年のごあいさつ

H26web

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ごあいさつ 2013

Newyear_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごあいさつ

120101newyear_7

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鳥ニュース Top10 遠征編

 今年は、あちらこちらに顔を出し、色んな人のお世話になった。

 まずは、赤色型コノハズク。山口県と福岡県の方のお世話になった。はるばると、鳥取県まで大遠征。車で、8時間以上かかった。
 あちらこちらから、たくさんのバーダーがやってきているのにびっくり。近くの谷川で鳴いているアカショウビンには、誰も見向きもしないのに、2度びっくり。
Akakonoha



 2度目の対馬で、ヤマショウビンを見た。対馬の方々のお世話になった。このほかにも、鳥情報を教えていただいて、南から北へ、また南へと、山道ドライブをがんばった。
 ヤマショウビンの、見事な色にうっとりした。
Yamasyobin



 キガシラセキレイも、対馬の方からの情報での観察。後ろ姿では頭の部分だけ黄色とは、なんと奇抜な。ほかにも、レンカク、キマユホオジロ、シロハラホオジロ、ホオジロハクセキレイ、マミジロツメナガセキレイ、ツバメチドリ(アカガシラサギを見損なった!)等々、うれしい対馬だった。
 島での探鳥に際して、福岡県と大分県の方にもお世話になった。
Kigasira



 昨年は、何度行っても出会えないコジュリンだった。今年になって、大分県の方のお世話で、とうとう見ることができたときは感動した。鳴き声がとても好きになった。コジュリンを観察しているときに、カッコウなども間近で見ることができたのだった。
Kojurin



 昨年は、アカアシチョウゲンボウを見るために、長崎県へ何度も足を運んだ。行ったら、いつも抜けた後だった。ところが、今年は運良く見ることができた。それも、2羽もいて、色んな仕草をしてくれたのだった。
Akaasi



 大分県で、カラムクドリとギンムクドリを見ることができた。大分の方に大変お世話になった。見つけきれないでうろうろしていたときに、わざわざ見つけて教えていただいた。本当にありがたかった。
 2種類も、珍しいムクドリを見ることができたので、嬉しくて一般道での長距離帰宅も苦にならなかった。
Karamuku



 熊本県に行って、カリガネを見た。広い場所でうろうろしてるときに、熊本の方にいる所を教えてもらった。また、探鳥している方と鳥の話をしたのはとても楽しかった。
 このあとで、島根県に行ったときに、マガンの群れにカリガネが混じっているとの情報を得て、必死で探したけれどもだめだった。それを考えたら、こんなに簡単に、そして近くで見られるということはすごいことだと、今更ながら思う。
Karigane



 福岡県で、アメリカウズラシギを見ることができた。福岡の方のお世話になった。(これ以外でも、今年は何度もお世話になった。)ウズラシギは、ちょくちょく見ているのだが、これは全く違うという感じだった。胸の模様がとても印象的だった。
Ameuzu



 大分県で、クロツグミがさえずっているところを撮影することができた。オオアカゲラを探しに出かけたのだが、思いも寄らない成果だった。 
Kuro



 最後は、島根県の斐伊川河口周辺で見た、コハクチョウ、マガン、ヒシクイの群れ。
 高速代を浮かせるために、中国道のSAで休憩していて、気づいたら雪が積もっていた。降り積もる雪の浜田道は、誰も通らないので心細かった。
 鳥見するときには、宍道湖グリーンパークの職員の方にお世話になった。とても親切で、いろんなことを教えてもらった。
Kohaku


 今年も、色んな土地に行き、色んな方と知り合いになったり、お世話になったりした。本当に、楽しい日々だった。こんなに楽しいから、やるべきことをほったらかしても、鳥見に行ってしまうんだなあ。(納得)

 来年も、楽しく元気にあちらこちらにお邪魔しようと思っています。そして、印象的な写真をアップしたいです。 

 今年は、たくさんの方に見てもらい、たくさんのコメントをもらって嬉しかったです。来年もよろしくお願いします。

 生来のそそっかしさで、鳥の名前をいろいろ間違いました。もっともっと、修行しますので、これからも教えてくださいね。

 今年は、これでおしまいです。
 どうぞよいお年をお迎えください。
      

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

佐賀 | 大分 | 干拓地 | 海外 | 熊本 | 福岡 | 花風景 | | 遠征 | 野鳥 | 長崎 | 鹿児島