花風景

水仙を見に

我が家の水仙が咲いたので,野母崎までかけた。

丘を埋め尽くす水仙・・・,
とまでは行かなかったけれど,見事に咲いていた。
途中,道路脇の水仙がすでに終わりかけていたので
ちょっと心配だったけれど,間に合ったようだ。
01





肌寒い日だったので,人は少なかった。
その分,ゆったりと見ることができた。
02





見上げると,空に向かって咲いているような日本水仙だった。
03





あたり一面に,
甘いような,ほのかな香りが漂っていた。
04





なんとなく「バベルの塔」を思わせるような,向かいの丘。
05





頂上から見渡すと,
古びた巨大な軍艦が白い遊覧船を従えていた。
06


いつもは鳥見の場所に,花見に出かけた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花便り

久し振りにハナショウブを見に行った。
盛りを過ぎつつあったけれど,
十分に楽しめた。

色も様々な品種が一面に植えてあってきれいだった。
以前,ハナショウブの鉢植えに凝ったことがあるけれど,
毎日の水やりと,毎年の株分けが大変だった。
この菖蒲園いっぱいの株を管理するのは,さぞかし大変だろう。
01





こういうふうな覆輪が好きだ。
02





この紫は花弁がふくよかで豪華。
03





こんな可憐な色合いもいいものだ。
04





キアゲハが,黄色のハナショウブにやってきた。
これは,キハナショウブを改良した品種だと聞いたけれど,
まだまだ改良の余地がありそうだ。
05kiageha





キタテハも真っ白いハナショウブにやってきた。
06kitateha





スジグロシロチョウの姿も見かけた。
07sujiguro





せっかくの外出だからと言うことで,
アジサイを見に,相知の見返りの滝まで足を伸ばした。
途中から,舗装道を離れて遊歩道を歩いたけれど,
がっかり。
なぜか,今年は花が極端に少なかった。
つぼみが上がっていないので,
この先も期待できそうではなかった。
ここは,これでも一番咲いていた方だ。
08





それでも,滝は流れ落ちていた。
少し,水の色が良くなかった気もするけれど・・・。
花が少ないので,画面にちょっとだけ入れるのにも一苦労。
09





ちょこちょこ歩いているのがいるので,
なんだろうと目をこらしたらカワガラス
どんな斜面も平気で歩く。
200mmまでのズームしか持ってなかったので,
これが限界。
12kawa





花がさっぱりなので,
集団をあきらめて・・・。
すがすがしい色合いのアジサイを見つけた。
10





ガクアジサイも好きな花だ。
そういえば・・・,
アジサイの花はみんなガクなのに,
なぜこれだけが,わざわざ「ガク」アジサイなんだろう?
11


例年は,見事な清流と満開のアジサイで,
山道を歩く疲れも忘れてしまうのだけれど,
なぜだか今年は変だった。
雨が極端に少ないせいなのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満開

満開のサクラ。
ここに生まれて良かった,
などと,柄にもなく思ってしまう。
地元にもこんな景色があった。
見事だなあ。
年に一度のお祭り。
ヒヨドリだって,誘われてやって来る。
Naga




所かわって・・・・。
流川の桜は,いつ見てもきれいだ。
頭が,ぼーっとなるくらいの,さくら,サクラ,桜。
Nagare01




桜のトンネルを歩く。
Nagare02




花びらの絨毯。
咲いたと思ったら,あっという間に散っていく。
久方の・・・,の世界。
歌人の目は鋭い。
Nagare03




菜の花も,桜に負けじと咲いていた。
Nagare04




なぜか,ムスカリが道ばたに。
うちのより立派に咲いている。
Nagare05




浅井の一本桜を尋ねてみた。
1分咲きなんてものじゃない,1輪(厘)咲きだった。
逆さ桜はまだまだのようだな。
Asai




あちらこちらとふらついている時,
菜の花畑を見つけた。
最近では,見ることがない風景。
子供の頃は,菜の花の黄,蓮華の紅,麦の緑。
三色に塗り分けられた筑紫平野。
それは見事なものだった。
Nano01




まぶしくなるような黄色の絨毯のまん中で,
さえずっていたホオジロ君・・・一人舞台。
Nano02




カメラをしまったら,すぐに列車がやってきた。
慌ててカメラを出してシャッターを切った。
黒っぽい列車。
後で出会った地元の女性の言葉。
「あれは,ななつ星です。」
なんと,かの有名な列車だった。
惜しかった,顔が写っていない。
満開の菜の花,悠然と進む七つ星。
絶対撮ってやるぞ。
Nano03


今日は雨。
桜が満開になると,嫌がらせみたいに雨が降る。
年に一度のお祭りなのに・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1本桜を訪ねて2

 先日の続き。


 1週間前に訪ねたら
 0分咲きだった武雄市馬場の山桜
 この日は見事に開花していた。
Baba1




 下の方を中心に
 菜の花がたくさん植えてあった。
 目が覚めるようだった。
Baba2




 菜の花に埋もれた桜の木といった感じ。
Baba3




 見事な風景なので人出も多かった。
 観光バスもやってきていた。
 カメラマンもたくさん。
Baba5




 神埼市宝珠寺の姫枝垂れ桜
 時すでに遅くかなり散っていた。
Hime




 近くのあぜ道では,
 所々にレンゲの花が群れ咲いていた。
Genge


 一本桜を巡っているとき,
 至る所で桜の花を見かけた。
 どれも本当に見事な満開だった。
 いい一日を過ごした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1本桜を訪ねて

 満開最後の晴れかもしれないと思って出かけた。


 最初は大塚の1本桜
 散り始めで,
 この春最後の晴れ姿だろうか。
Otuka1




 青空にピンクが映えて豪華に立っていた。
 見物客は無し。
 ゆっくり楽しむことができた。
 あまり知られていないのだろうね。
 こんなにきれいなのに・・・。
 
Otuka2



 古墳の上の桜だった。
Otuka3




 次は,嬉野にある納戸料の百年桜だ。
 小高い丘の上で,
 下界を見下ろすように咲いていた。
 八重咲きの山桜らしい。
Nouto1




 菜の花が植えてあり,
 桃色と黄色と空の青が競い合うようで
 本当にきれいだった。
 見物客もカメラマンも多かった。
Nouto2




 近くに花桃があったので,
 ちょっと入れてみたが,
 色が多すぎてゴチャゴチャしたかなあ・・・。
Nouto3




 説明板があった。
 
Nouto4


 今日は,春の陽気に誘われて
 あちらこちらに出かけている車が多かった。
 良く晴れた暑い一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逆さ桜だよ

 もうそろそろいい頃かなと思って,浅井の一本桜を見物に。


 今日は,本当にラッキーだった。
 偶然にも,ライトアップの試運転だった。
 本当は明日から始まるらしい。
 それで,人出が極薄。
 それで,駐車もすいすい。

 日が暮れ始めた18:00頃にライトアップ試運転開始。
Asai_1




 18:47
 空の色が青く写ってきれいだ。
Asai_2




 19:01
 青がだんだんと黒く染まってきた。
Asai_3



 

 19:14
 空の色が真っ黒になり,
 見事な逆さ桜が姿を現した。
 何ともいえない景色だ。
 水面は鏡のようだ
Asai_4



 

 19:39
 水面をじっと見ていると,
 月並みな表現だが吸い込まれそう。
 どっちが本物だか分からなくなってしまう。
Asai_5



 

 19:40
 今晩は,試運転につき20:00で終了らしい。
 明日からは21:00までやるそうだ。
Asai_6


 今日はついていた。
 まず,こんなにもゆっくりと駐車できて,
 撮影場所が選び放題だった。

 本当にいいものを見た。
 桜の花がきれいなのはどこにでもあるが,
 これほどまでにきれいな逆さ桜は
 滅多にお目にかかれないだろうと思った。
 今日は,本当についていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジサイ

 昨日の雨が嘘のような、晴れ/曇りの1日だった。

 そこで、アジサイ見物に出かけた。
 行く先は、久留米の千光寺。
 車の行列だった。
 人の混雑だった。
01



 あまり色がきれいだから、
 どんな構図で撮したらよいのか・・・・。
 たくさんいたカメラマンは、
 どんな写真を撮っていたんだろう?
02



 あちこちに、
 豊かな顔をしたお地蔵さんが。
 でも、花びらを白とびさせてしまったよー。
03



 こんな変わった花びらもあるんだ。
04



 きれいすぎて・・・・。
05



 ほんわかとした、いい顔。
 でも、またもやひどい白とび。
 未熟者で、ごめんなさいね!
06



 何となく、ガクアジサイの方が好きだなあ。
07



 これは変わった色合いだ。
08



 にこやかな顔だなあ。
09


10


 アジサイを見ているときに、
 鳥友のNさんから電話、

 「今、何をしてる?」
 「アジサイを見ています。」
 「どこで、アジサシを見ているの?」
 「いえ、アジサイです。」

 などという会話もありました。
 AJISASI と AJISAI でした。

 ところで、
 アジサイの上空を、
 サンショウクイと、イカルが飛んでいきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一本桜を訪ねて

 今日は快晴。満開の桜巡り。

 地元にこんなにきれいな桜の木があるとは知らなかった。
 恥じ入るばかり。
 東尾大塚古墳の一本桜
 大塚古墳を守るようにして枝を広げている。
 (実は背後に小さいのが一本あるので、1.5本桜かなあ?)
Otuka



 まわりに何もないので、特にきれいに見えた。
Otuka2



 神埼市の宝珠寺のヒメシダレザクラは、
 麦の緑を前にすると、殊に見事だった。
 周りにいろいろとあるのを、
 すっきりと処理しきれなかったのが残念。
 腕の未熟さ。
Hosyo



 お寺の境内に入って、下の方から見上げたところ。
Hosyo3



 桜の下に設置してあった看板。
 「ほうしゅじ」でなくて「ほうしょうじ」らしい。
Hosyo4



 宝珠寺から山の方へ歩いて10分くらいの所にある、
 小渕のヤマザクラ
 ほとんどの人が、この桜の木を知らないようだ。
 遠目には、一本桜には見えないからかもしれない。
Obuti1



 近寄って見ると、ほぼ全体が見える。
 見事なヤマザクラだ。
 林でなかったらもっと映えるのかもしれないが。
Obuti2



 この桜も、古墳を守るようにして立っている。
Obuti4



 最後に行く浅井の一本桜が、本日の主役のはずだったが、
 なんたることか、0分咲き。
 どおりで車が混雑していなかったんだ!
Asai



 この一本桜は、ライトアップされる。
 夜になって、下の池に映った満開の「逆さ桜」は、
 この世のものとは思えないくらい美しい、
 と言っても、決して言いすぎではないだろうと思う。
Asai2



 歴史を感じさせる桜の幹の下には、こんな看板が。
Asai3


 今日は快晴だった。
 昨日の激風にも負けない満開の桜だった。
 至る所、まばゆいばかりだった。

 願わくば、花の下にて・・・
 と詠んだ人もいたなあ。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菊の花

 宗像大社に、西日本菊花大会を見に行った。多分5年ぶり。

 一時期、大輪菊の三本仕立てに凝っていた。その頃は、秋分の日には必ずカメラ抱えて見に行っていたのだが。

 大輪菊の三本仕立てを12鉢並べた花壇。
 見事に平らな面ができている。すばらしいの一言に尽きる。1株から、きちんと3本の枝を伸ばし、それをみんな同じような大きさに育て、このような高さにそろえるのは、本当に難しい。一日でも、目を離せないだろうなあ。
12kadan



 懸崖仕立て。
 1株から、これだけの数をこのような形で一度に咲かせるのは、至難の業だ。ほっといたら、枝の先の方から咲くはずだろうし。
Kengai_2



 千輪仕立て。
 本当は、数百輪なんだろうが、見るたびに絶句。ずーっとかかりっきりだろうなあ。
Senrin



 盆栽仕立て。
 盆栽だけは、未だ良さがよく分からない。きっと、まだ若すぎるんだろうな??
Bonsai
 


 菊花の花壇。
 あまりに整然としてきれいなので、写しにくいような・・・。Kadan



 厚物咲き。
 この花のように、弁の表裏の色が違うというのは、好きだなあ。
Atubsiri3



 一文字菊。(一文字咲き。一文字の7本仕立て)
 弁を広げるのに、大変な苦労があるという話を聞いたことがある。
Itimonji7


 
 管物。(間管咲き?)
Kuda7


 文化の日は、菊花展の見学者だけでなく、七五三のお参りにきている親子連れもたくさんいたので、大変な賑わいでした。
 久しぶりに、鳥見でなくて、花見を堪能した1日でした。(花は逃げないから、写すのは楽でした。いい出来かどうかは別にして・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫陽花

 今日は,久留米市の千光寺に紫陽花を見に行った。きれいだが,暑かった。人も多かった。

 紫陽花は,いろんな色で咲いていた。
1


 なんとなく,ガクアジサイの方が好きだなあ。
2


 どうやったら,こういう色になるんだろうね。
3



4


 こんなところで,くつろいでいる人がいた。
5



6



7


 ここにも,ニコニコしている人がいた。
8


9         

 

 突然ですがゴイサギニュース(どっかで聞いたようなフレーズ),暴れる川のまっただ中で,がんばっていました。
Goi

 それにしても,花はたいていは逃げないから,じっくり撮影できていいなあ。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧