熊本

オジロビタキ

支部の探鳥行でオジロビタキを見た。
公園のブログによると,
今年だけやって来たというわけではないようだ。

このオジロビタキは,ニシオジロビタキと言うことだった。
大雨覆からみると第1回冬羽の個体のようだ。
ふっくらとした体型,ぴょっこりと上げた尾。
いつ見ても愛嬌がある鳥だ。
Ojiro01





オジロと,ニシの区別は,嘴しか知らない。
この個体は,上下とも黒というわけではない。
Ojiro02





オジロとニシとでは上尾筒の色も違うらしい。
上尾筒は,灰色?黒?。
Ojiro03





これは以前,平島で5月に撮したオジロビタキ♂。
のど元のオレンジは当然のことながら,
嘴の色がはっきりと黒々している。
Ojiro04





これは,以前,1月に撮したニシオジロビタキ
これも第1回冬羽の個体のようだが,
上の個体とは,嘴の色が全く違い,黒ではない。
Ojiro05





これは,以前地元で1月に撮した個体。
オジロビタキだと思っていたのだけれど,
だんだん分からなくなってきた。
地元では,この他に2回見ているのだけれど,
みんなニシオジロビタキにも見えてきた。
雌・幼鳥・冬羽は難しいね。
その道の達人には簡単なんだろうけど・・・。
Ojiro06





鳥友から教えていだだいた池で見たアメリカヒドリ
立派な緑色!
Ame01





この場面には入っていないけれど,
アメリカヒドリは,オオバンにつきまとい,
オオバンが潜って採った水草を横取りしていた。
見かけによらずの悪者だった。
Ame02


ニシオジロビタキは警戒心が強くない。
目の前にやってきて,得意そうに尾っぽを上げた。
結構な時間,楽しませてくれた。
小さいけれど,人をにっこりさせるような鳥だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高原で

高原では,一面の新緑が気持ちよい。

この柔らかい新緑を幼虫たちが喜んで食べ,
その柔らかい幼虫を幼鳥が喜んで食べ・・・。

ホオアカは子育てに忙しそうで,
幼虫を運んできては,草むらに潜り込んでいった。
Ha




コジュリンも忙しそうに飛び回っていた。
Kj01




青虫を捕まえては,せっせと運んでいた。
いずこも,親は大変だな。
Kj02




幼虫が大量に発生するこの時期は,
子育てにもちょうど良い季節なんだろう。
柔らかくて食べやすい蛋白源,
たとえば刺身みたいな物かな。
Kj03




地元の干拓地では,
あちこちからオオヨシキリの独唱が聞こえてくるけれど,
高原ではコヨシキリが歌っていた。
Ky1




ちょっと離れた所には,
子育て中のブッポウソウのつがいがいた。
飛んでいる羽虫を捕まえていた。
Bp01




丹念な毛繕い
Bp02




飛び出し・・・ちょっとピンぼけ気味・・・。
Bp03




遠くの山の斜面には,ミヤマキリシマが咲いていた。
この中を歩いたら最高だろうな。
Mk1

高原には,新緑の中,カッコウ,ツツドリなどの声が響き渡り,
とてもゆったりとした気分になれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョウゲンボウ 頑張る

チョウゲンボウがゆったりと餌を探していると,
どこからともなく,やって来たのがハシボソガラス。

チョウゲンボウ♀をしつこく追い回す。
何度も言うけれど,カラスは本当にしつこい。
Tyoge_01




追いかけっこが一段落して休んでいると,
嫌がらせに近くに集まり,
また上からちょっかいを出す。
むかむかしている様子の,チョゲ♀。
Tyoge_02




ついに,堪忍袋の緒が切れた。
「やってやろうじゃないか!!」
Tyoge_03




「この野郎!」とばかりに背面攻撃。
Tyoge_04




今度は,追っかけ回す番。
さすが猛禽。
Tyoge_05




ということがあって,ちょっと一休みしていると,
ハシボソは,わざわざすぐ横にやってくる。
Tyoge_06




またまた,いざこざの始まり。
野次ウマならぬ,野次ガラスもやってくる。
Tyoge_07_2




大きさにも数にも負けず,
チョウゲンボウの♀は頑張った。
Tyoge_08




ホシムクドリは,のんびりと周りを見回していた。
Hosi


カラスはちょっかい出しても,
別に血を見るまでやるわけではないようだ。
ちょっと遊んでやっているつもりかもしれない。
迷惑なカラスだった。

その後,チョウゲンボウは,
何ごともなかったように,ゆったりと浮かんで餌を探していた。
チョゲ♀は,結構気が強い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高原へ③ - コジュリン

地元の干拓地では,オオヨシキリの声がにぎやかだ。

高原では,コヨシキリがさえずっていた。
鳴き声は全く似ていないけれど,
時折ギギギという音が入るところは似ている。
Yo2




くっきりときれいな眉斑があるのでさわやかな顔に見える。
オオヨシキリの赤と違って,口の中は黄色。
Yo1




高原ではコジュリンの若者が全身で声を出していた。
真っ黒な顔にピンクの口内がちょっと異様だが。
Koj1




このワラビの葉はお気に入りのポイントらしい。
雌まで届けとばかり,あらん限りの声を絞り出す。
Koj2




ようやくとらえた飛び立ち。
Koj3




この日一番近くにとまったときのショット。
ここでも飽きずに大声だ。
Koj5




時々は,じっとこちらを見ていた。
ぼくが鳥を観察してるのか,鳥がぼくを観察してるのか。
Koj6




枝をしっかりと握りしめ,毛繕いの始まり。
なんかややこしいところを・・・。
Koj7




「何でこんなところまで撮してるの?」とでも言いたそうな顔。
Koj8


コジュリンの声は,か細い音だと記憶していたが,
この個体が若かったせいかどうか分からないけれど,
やたら元気な大声だった。
近くにはホオジロやホオアカもいたので,
ごちゃごちゃになって紛らわしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカコガモ

実は最近まで,コガモに亜種があることを知らなかった。

コガモは,割とどこにでもいるので,
慣れすぎてあまり詳しく見ることもなかった。

先日,とある池を何度も何度も隅から隅まで探して,
もう駄目だと,あきらめかけた頃
ずっと遠くに,ようやくアメリカコガモを見つけた。
側胸に白い縦線があり,
肩にある白線が見あたらない。
Ameko1




「なんだコガモか」,
ということで一件落着してしまいそうなアメリカコガモだ。
今までも,どこかで出会っていたかもしれないなあ。
ほんの小さな違いだもんね。
Ameko2




都合良いことに,
アメリカコガモの後からコガモがついて行った。
2羽が並んでくれたので,違いがよく分かるなあ。
光の当たり具合で
コガモの緑がちょっとへんな色だったけど・・・。
Ameko3




この池では,ヒドリガモが多数派だった。
群れで上陸して,草を食べていた。
これは,仲良く泳いでいた♂と♀。
Hid1




ヒドリガモの小グループ。
Hid2




こんなのも何羽か見かけた。
アメリカヒドリとの交雑種♂かな?
Hid3




ヨシガモ♂の緑が日光に輝いていた。
見事な色だ。
Yos1




ヨシガモも,♂と♀が仲良く泳いでいた。
Yos2


カモには,ぼくの好きな緑色が多い。
光の当たり具合で色が変化するのもいいね。
ところで,
最近見てないトモエガモの緑にもお目にかかりたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コジュリン

 ユウスゲが咲いてることを期待して、高原に行った。

 期待どおり、ユウスゲがあちらこちらに咲いていた。
Suge_2



 このユウスゲにとまったコジュリンを撮りたかった。
 しかし、うまくいかない。
 ユウスゲは、朝方にはだんだんとしぼんでくるものだし、
 おまけに遠いし・・・。
Kojurin2



 思ったとおりの場所にはなかなかとまってくれなかった。
 当たり前だけれども。
Kojurin1



 何時もちょっとすまし顔に見えるコジュリンが、
 頭かきをする瞬間の変顔。
Kojurin3



 途中で現れたセッカ
 体に付いた朝露を振り飛ばした瞬間。
 しぶきが飛んでいく。
Sekka1



 セッカは、なかなか愛嬌があるので好きだ。
Sekka2



 ホオアカが道に降りて虫を探していた。
Aka


 高原の朝は涼しくて爽快だった。
 しかし、太陽が高くなってきたら、
 やっぱりここも暑かった。   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オリイモズ

 珍しいモズを見に行った。


 ひょんなことから見つかったオリイモズだ。
 ブッシュから出ると、近くの電線にとまる。
 下を見下ろして、えさを探しているようだった。
Img_7783



Img_7805



 風が吹いていたので、尾でバランスを取っていた。
Img_7820



 普通のモズとは、かなり色が違う。
 Img_7891



 電線から飛び出した時に、初列風切の白い部分が見えた。
Img_7522

  オリイモズがいると分かっていたので、この個体が分かった。
 そうでなかったら、見逃していたに違いない。

 それにしても、onlyモズでなくて、オリイモズで良かった!!

 
 ※ 諸般の事情で、この記事の公開を延期していました。



 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オオタカ

 
 車で鳥見をしてるときに、
 オオタカが、木にとまっているのを見つけた。


 やはり、堂々としていてきれいだ。
Img_7300



 しばらく見ていると、フンをした。
 「そろそろ飛び出すぞ」と、心の準備。
Img_7317



 飛び出した。 
Img_7321



 心の準備はできていたつもりだが、
 やっぱりピンぼけ。
 見事な羽なのになあ。
 残念。
 この後、急に高度を下げたのでとらえきれなかった。
Img_7322



 ハイタカもとまっていた。
 この個体はあまり人見知りしないようだ。
Img_7339



 別の1羽も、2回目に見たときに来ていた。
Img_7374



 草むらには、マミジロタヒバリもいた。
Img_7234 


 オオタカに、おおたか?
 おお、鷹だ、オオタカだ。
 ハイタカは、いたか?
 ハイタカ?はい、鷹。
 ハイタカは、歯痛か?

 などという馬鹿なことを考えついた1日だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コミミズク

 コウライアイサを見た帰りに、コミミズクを見に行った。

 山の斜面が広い草原になっていた。3羽のコミミズクが周辺にいた。未だ3時を過ぎたところで、夕暮れには時間があるが、姿を見せてくれた。
 そのうちに1羽が、すぐ近くの露出した岩にやってきた。お気に入りの場所らしく、白い糞の痕も付いてる。
01



  白っぽい顔盤に黄色い虹彩。羽角がほとんど目立たない個体のようだ。
  こちらをにらみつける目つきが鋭い。それにしても、ビシッときまっているねー!
  君に会えて良かった!幸運、幸運。
02



 休憩していないときは、草原の上をあっちへ行ったりこっちへ行ったり。えさを探しているようだった。
03



 こちらに視線を向けて、やって来た。
04



 まさか、僕を野ねずみと見間違えてはいないだろうが。ちょっと、怖い視線だ。
05



 ここは、見下ろすようにして撮影できるグッドポイントだ。それで、コミミズクの上面を見ることができた。
06



 一度だけ、頭上を旋回してくれたので、下面を見ることもできた。
07



 周辺に3羽のコミミズクがいて、いざこざが絶えないようだ。その内の2羽が、急接近して、争いが始まった。
08



 鋭い爪を持つ足で、蹴りを入れた。空中戦だ。
 この後、しつこく蹴り合いをしながら共に落下していった。最後は、反転して共に足で着地。けがなどしてるようには見えなかった。
09



 近くに、他のコミミズクがいるときには、ギャーギャーと声を出して威嚇(?)していた。
 それにしても、こんなに広い草原だから、それぞれが離れたところに行きさえすれば、別に諍いも起こらないはずだ。それが、わざわざ近くにいるのは、何か利益になることがあるんだろうなあ。
10         


 カワアイサに始まった今回の遠征は、幸運続きでした。それも、大分の方々のおかげです。ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アメリカヒドリ

 昨日の続きです

 カリガネと同時に、アメリカヒドリ♂を見ることができた。何という幸運。
 一石二鳥(えーっ?)・・・一挙両得。
Amerika1



 ヒドリガモ♂は一人かも、じゃなくて、アメリカヒドリと二人連れ。
Withhidori



 アメリカヒドリと、ヒドリガモ♀。
Withhidori2



 アメリカヒドリとハーフくん(?)。少なくとも2羽はいたようだ。近くにいることが多かったんで、もしかしたら?
Amerika2



 オカヨシガモの♂♀も、いた。地味な色だが、よく見ると、落ち着いた感じでなかなかのものだ。お顔よしがも?
Okayosi1



 近寄ってきた♂を、邪険に追い払う♀。普通、これは♂の意地をかけた重要な仕事だ。
Okayosi2



 留まった場所がいまいちだったが、それでも輝いていたカワセミ♀。
Semi


 これで、今回の火の国遠征は、とてもうれしい時間でした。撮影も交流も楽しむことができました。
 これからも、お邪魔するかもしれないので、そのときはまたよろしくお願いします。    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧