遠征

石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ⑤

今回の与那国は,いつもと違う事が一つだけあった。
それは,ホテル。
島の宿は,みんな民宿だから,いわゆるホテルはないと思う。
(全部宿泊したわけではないが・・・)
その例外が,今回宿泊した島唯一の(正式?)ホテル。
きちんとしたベッド,一部屋ずつのシャワーとバス,エレベーター。
当たり前だけれど,嬉しかった。
もちろん宿泊料も随分と高かったけれど,
ここしか空きがなかったからしょうがない。
しょうがないけれど,いつもの与那国より快適だった。

さて,鳥見の話。
この鳥を見たとき,
首の後ろに黒い線があるので,シラコバトかなと思った。
しかし,よく見ると,尾が短いし他にも色々と・・・。
おそらくベニバトの幼鳥だろうと思う。
Beni





この島では大抵コムクドリの群れを見かけるのだけれど,
その中に数羽混じっていた,カラムクドリ
白,黒,灰色と,すっきりとした色がきれいだ。
Karam





新設の(?)用水路横の葦にいたコイカル
頭の色と嘴の先端の色から,若い♂ではなかろうかと思う。
この島で,イカルさえ見た覚えがなかったので,
一見した時に,つい別の鳥だと思ってしまった。
Koi01





上の鳥と一緒に行動していたコイカルの♀。
Koi02





これはお手上げのムシクイ
頭央線は,皆無。
大きさ,地鳴き,共に覚えていない。
オオムシクイでは?・・・などと勝手に思ったりしているのだが・・・。
Hatena





与那国島では,あちらこちらに馬が放牧されている。
与那国島にいる馬は,
みんな天然記念物のヨナグニウマかと思っていたら,
どうやら,間違いだったようだ。
白い毛があるヨナグニウマはいないらしい。
血が混じらないようにかどうか知らないけれど,
北牧場と東牧場にだけヨナグニウマが放牧されているらしい。
(あれっ,ここは多分東牧場だと思うのだが・・・?)
Horse




生まれて初めて,どこかの島でこれを見たとき,
てっきりパイナップルだと思ってしまった!!
(パイナップル畑なんて見たこともなかったし・・・。)
もちろん,今は正しく理解しています。
Adan





与那国島で一番の器量よし(あるいは美少年)
かどうかは,よく分からないけれど,なかなかの可愛さ。
Yonaguni02





石垣島編での出し忘れ,アカスジベッコウトンボ
赤が強烈だった。
こんなに赤いトンボを初めて見た。
Akasuji





島を離れる日は,たいてい最後にここを訪れる。
西崎(いりざき)灯台付近。
上の左には「日本最先端の碑」があり,記念写真ポイントだ。
また,頂上から見下ろす港や久部良の集落付近は絶景。
台湾島が目の前にあるはずだけれど,
なぜだか,年に数回しか見えないという話だ。
Yonaguni01

与那国島で鳥見をするときに,困っていたのが昼食。
店を何軒か知っているので,おにぎりとか菓子パンとかで済ませていた。
野菜が全くと言って良いほど,採れないのでいやだった。
ところが,ホテルの食堂が利用できるし,空港の食堂だってOKだ,
ということを,なんと今頃になって発見した。
何度も出かけているけれど,まだまだ知らないことが多いんだなあ。

鳥見とは全く関係のない話で,石垣・与那国探鳥記は終わりです。

現地でお世話になった皆様,最後までお読みくださった皆様
ありがとうございました。

| | コメント (0)

石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ④

先着して与那国で鳥見されていた方々から,
色んな情報を頂いた。
ありがたいことに,オガワコマドリがそうだった。
また,ハイイロオウチュウも教えて貰った。
そこは,与那国にやって来たら必ず巡回する場所だったけれど,
オウチュウがよく出る場所とは今まで知らなかった。
牧場付近なので,虫が多いのかも知れない。

と言うことで,電線止まりだったけれど
久し振りのハイイロオウチュウ
警戒心が強くてなかなか近寄らせてくれなかった。
かっこいい尾はしっかりと写せた。
Hao01




正面からではないので,特徴的な尾が見えない。
Hao02




与那国島には,普通のモズはいなくて,
みんな,アカモズの亜種のシマアカモズ
この個体はグレーっぽい頭の色がきれいだ。
Sia01




これもシマアカモズ
Sia04




長い尾をしている。
Sia03




コホオアカは2回しか見なかった。
Kho





ノビタキを見たのも2回だけだった。
Nob




島の中央を回っているときに見かけたチョウゲンボウ
どうやらムシクイらしい小鳥を捕食していた。
残酷とも思えるが貴重な場面をしっかり撮影したけれど,
強烈な陽炎に邪魔されて,ほとんどが無駄になった。
Cyog




島では,至る所で見かけるシロガシラ
鳥探しの途中,聞き慣れない声に驚いて探すと・・・,
「な~んだ」,と言うことが何度もあった。
Sig




亜種リュウキュウメジロ
体の下面が脇の色まで一様なので,すっきりとした感じ。
メジロより小さいと書いてあるけれど,見た目には変わらない。
Rm


いつも,たくさんの小鳥が見られる祖納の水田地帯が,
草ぼうぼうで寂しい限りの状態。
比川の水田地帯も,湿地帯に変わり果てて鳥影が少ない。
どちらも,農道に車を乗り入れると,ガサガサとボディをこする。
また,東崎の草地にはタヒバリ類は影も形もなくて,
ツメナガセキレイの幼鳥が多少いるばかり・・・。

来年の春になって,
農家の手が入り,水田がよみがえる日が待ち遠しい。

| | コメント (0)

石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ③

与那国島の水田地帯は,石垣島とはまるで違っていた。
石垣島は,稲穂が黄金色に輝いて広がっていた。
与那国島では,黄金色はどこにもみあたらなかった。
一面に雑草が生い茂ったり,沼地みたいになったり・・・。
簡単に耕したまま放置したり・・。
あまりの違いにびっくり。

そんな中にも,オガワコマドリが狭い農道に出てくれた。
狭い農道にそっと軽自動車で乗り入れ,
顔を出すまでじっと待つ。
窓から身を乗り出すようにして手持ちで撮影。
なかなかピントが来ない。
02koma





尾っぽをくいっと上げる仕草が可愛いもんだ。
数年前に,隣県で見て以来だった。
03koma





近くの沼地みたいな水田(跡?)にいた,冬羽のアカガシラサギ
04aka





いつもはこの水田地帯でたくさん目にするのだけれど,
今回はたった2羽しか見られなかったツバメチドリ
05tuba





今中至る所で,ツメナガセキレイの幼鳥を見かけた。
ようやく見つけたマミジロツメナガセキレイ
06tume





あまり見かけない姿をしたカモ。
多分コガモではないかと思うのだけれど・・・。
09nani





与那国島では,島のあちらこちらに牛や馬が放牧されている。
すると,近くに必ずと言って良いくらいにアマサギがいる。
牛のエサ取りで慌てて飛び出す虫を狙っているようだ。
08ama





海を望む丘の上,草を食む馬。
そっぽ向いてすっくと立つアマサギ
07ama


秋にも何度か来たことがある与那国島。
一寸荒れたような水田地帯にびっくり。

そのせいなのか,セイタカシギ,アカガシラサギが
少なすぎるような気がしてならない。
満田原みたいにならないと良いけれど・・。

| | コメント (0)

石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ② 

石垣島では,ムラサキサギは定番の鳥だ。
大体いる場所は決まっていて,水田の周囲が一番多いようだ。
草が茂っている,休耕田,あぜ道,水路などでよく見る。
それから,サトウキビの刈り取りをしている畑にも,
飛び出す虫を狙ってやって来る。

今回は,川岸の草むらでエサ取りをしていた。
ムラサキサギは派手な色をしているけれど,
結構な迷彩になっていて,見逃しやすい。
02sagi





カメラが気になったらしく,飛び出しの準備に入った。
03sagi





飛び出した。
04sagi


05sagi





クロサギの白色型というのがなんとも面白い。
黒サギの白色型なんだから,白サギ??
普通の白サギよりでっかい脚をしているけれどもね。。
ここでは,本家本元よりよほど目にする。
 06kuro





こちらが,本家本元です!
07kuro





つぶらな瞳のシロハラクイナ
農道とかを横切る姿をよく目にするけれども,
とにかく警戒心が強く,
じっくりとは撮させてくれないことが多い。
01siro





今頃は地元でも良く目にするオオメダイチドリの幼鳥。
地元では大抵,真っ黒な泥の上で見るので,
こんな環境はとても新鮮で嬉しい。
08omed





近くで盛んに餌を探して歩き回っていたミユビシギの幼鳥。
地元の干潟ではあんまり見かけることのない鳥なので珍しかった。
09miyub





石垣島では,いたるところでツメナガセキレイの幼鳥を見かけた。
なぜだか,成鳥はほとんど目にしなかった。 
10tume


石垣島の定番の一つ,ズグロミゾゴイを
見かけたけれど撮せなかっのが心残りだった。

| | コメント (0)

石垣・与那国探鳥記 ’19秋 ①

数えてみると8回目の石垣・与那国だった。
台風通過直後だったので,大いに期待して出かけた。

いつもどおり,最初に石垣島で鳥見。
カンムリワシの冠を初めて見た😃
なんと,立派に逆立っていた。
それに,獲物を捕まえているのも初見だった。
01kanmuri





冠を寝かせると,こんな風に。
ところで,
掴まったのはどうやらシロハラクイナだったらしい。
電柱のてっぺんから足がニュッと突き出ている。
食事の様子も撮ったんだけれど,一寸・・・。
02kanmuri





これは,近くにいた別の個体。
猛禽とは思えない可愛い顔つきをしている。
03kanmuri





石垣島にすっかり定着してしまったカタグロトビ
ずっと最初のポイント辺りに住みついている。
2013年4月に初めて与那国島で見たときには,
とにかく大興奮だったけれども,
ここに来ればいつでも見られるとなると,
ありがたみが少し薄れてきたような・・・。
04kataguro





小さな猛禽,シマアカモズは至る所で見かけた。
銀色の頭がきれいだ。
05simaaka





人工池を飛び回っていたクロハラアジサシ若鳥?)がちょっと休憩。
06kurohara





すぐ側にいたクロハラアジサシの幼鳥。
07kurohara





休耕田で草の実を食べていたシマキンパラ
外来種。
08kinpara





水田地帯に数羽でいたインドクジャク
一緒に,白化個体もいた。
外来種。
09kujak


石垣島は,独特の留鳥が何種類かいるので,
渡り鳥が不作の時も,被写体に困ることはない。
これは,とても安心できる。

| | コメント (0)

見島探鳥記 ’19-③ ノゴマ

灌木に囲まれた草原で,
オジロビタキやエゾビタキを眺めていると,
聞き慣れない囀りが聞こえてきた。
周りを見回すと,真っ赤な喉が目についた。
ノゴマ♂だった。
Nogo01





目先が黒いので目のありかはよく見えないけれど,
白い眉斑と顎線が目立つ。
Nogo02





黄色い喉のキビタキ♂は成鳥や幼鳥が何羽もいた。
マミジロがいるという話だったけれど,
とうとうお目にかからなかった。
残念!
Kibi01





岩の上やロープの上にもやって来た。
この個体は成鳥ではないようだ。

Kibi02
 



コムクドリ♂にも出会った。

Komuj





農道を歩いていると,ちょこんと立っていた,
ムネアカタヒバリ
カメラを向けながら近づいても,なかなか飛んでいかなかった。

Aka_1





山道を歩いていると,シメが出てきた。
木の実を拾うのに夢中なのか,人を気にしないのか,
ずんずん近づいても知らん顔していた。
迫力のある目付き。

Sime





ヒヨドリの渡りを目撃した。
本土目指して飛び立つ,引き返す,また飛び立つ・・・。
何度も繰り返し,まだかまだかと思っていると,
ついには本土の方へ向かって飛んでいった。

Hiyo

鳥を探して,健康的な3日間を過ごした。
なぜ健康的かというと,
2万歩近く歩き回った日もあったのだからね。

見島でも,放置された水田や畑が目についた。
離島にも,地方にも,もっと力を入れてほしいものだね。
人間のためにも,鳥のためにも。

| | コメント (0)

見島探鳥記 ’19-② オジロビタキ

水田地帯の草原や灌木に小鳥が集まっていた。
色んな地鳴きが聞こえるので,
目うつり(耳うつり?)するほどだった。

久し振りにオジロビタキ♂夏羽を見た。
おそらく平島以来だと思う。
この尾をくいっと上げる仕草が,なんとも可愛い。
Ojiro01




同じ個体が別の場所で。
背景が暗いので,白っぽくなってしまった。
Ojiro02




丹念に毛繕いをしていた。
Ojiro03




近くにはオオルリの成鳥やら幼鳥やらがたくさん。
その内の1羽,オオルリ
Ruri




オオルリの♀も近くに。
このロープには,色んな小鳥がとまった。
Ruri02




エゾビタキも飛び回っていた。
この杭の上がお気に入りの場所らしい。
正面顔が決まっているね。
Ezo




ちょっと離れた水田横の土手にはムラサキサギがいた。
首を伸ばすともっと大きく見えるのだが・・・。
サギついでに,アカガシラサギを探したけれど,
今年は見つからなかった。
Muras





ところで,何かよく分からない鳥がいた。
砂浜近くの電線に1羽だけいた。
大きさは,ムクドリくらい。
頭上はちょっと暗色のような気もするのだが,不確か。
コムクドリかシベリアムクドリの幼鳥ではないかと思うのだけれど,
この写真と同じような画像は,
手持ちの図鑑に掲載されていないし,
ネットでも見つけられなかった。
どなたか,詳しい方がおられたら教えてください。
Muku


渡りの時期,
見島以外の島々で探鳥したい。
甑島,天草に行ってみたい。
福江島にもう一度行きたい。

| | コメント (2)

見島探鳥記 ’19-① ズグロチャキンチョウ

支部の有志で,恒例の見島へ出かけた。
初日は,びっくりするほど小鳥がいた。

最初に見たのは,ズグロチャキンチョウ
草原と灌木の間を行き来していた。
Tya02




正面を向くと,特に頭の黒い部分が目につく。
黒ヘルメットをすっぷりとかぶったような顔つき。
Tya01





ノジコ♂も草原にいた。
頭部の色が,メジロになんとなく似ている。
白いアイリングもあるし・・・。
Noji




ここでもコホオアカを見かけた。
この春は,多数渡りをしているのか,
あちらこちらで見かける。
Koho




カシラダカ♂の夏羽はきれいだ。
真っ白に黒と茶が映える。
Kasi




タイワンハクセキレイは,島のあちこちで見かけた。
Taiw





ホオジロハクセキレイは,1羽だけ見かけた。
Jiro





ツメナガセキレイはあまり見かけなかった。
これは,マミジロツメナガセキレイ
Mami_1


いつもは,キャノン500mmに1.4テレコンで持って行くのだけど,
今回は,シグマ150-600mmを持参した。
三脚も3シリーズにしたので,とにかく軽かった。
600mmのピントは,まあまあだが,
肩の疲れを考えると,許せる範囲だった。

そして,5月1日の八丁八反は,
目移りするくらいに小鳥が飛び交っていた。
それでも,2日前はもっとすごかったらしい。


| | コメント (0)

福江島探鳥記 ③

福江島の海は,すごくきれいだった。
また,きれいな建造物もあるのだけれど,
全く見学しなかった。
一番印象的だったのは,大瀬崎。
灯台まで歩こうかと思いはしたけれど,
下りが20分,登りが30分と聞いて断念。
タカの渡りの観察場所だけは確認してきた。
Osezaki 




白良ケ浜(しららがはま)も,見事な砂浜だった。
Sirara 




野々切(ののぎれ)の西に広がる水田地帯が一番の探鳥地だった。
地元では干潟で見るコオバシギの夏羽。
いつも数少ないので地元でも人気のシギだ。
Kooba





地元ではまだあまり見かけないウズラシギもやって来た。
茶色のベレー帽をかぶっている。
Uzra




地元の蓮田でよく見かけるオジロトウネン
Ojiro




島や海岸でよく見かけるタイワンハクセキレイ
白と黒のコントラストがきれいだった。
Taiwan 




島のあちらこちらの水田で見かけたセイタカシギ。
すらりと伸びたピンクの足が目につく。
Seitaka 





福江島へ来るのに,長崎港からフェリーに乗った。
そのために,長崎県営駐車場を利用した。
ここは,料金がとても高くて,24時間毎に2880円。
「福岡空港周辺なら,ほぼ1000円だぞ。」と怒っていたら,
福江島で認証を受ければ半額になると言うことで,
ちょっとだけ安心。
福江島のターミナルで探してみると,
こんなに小さい機械だった。
0389
 

福江島は,対馬の下島みたいな島だった。
水田地帯は,対馬よりずっと多かったような気がする。
道路が,対馬より運転しやすかった。
コンビニの数が下島より多かった。
きれいな公衆トイレをあちこちで見かけた。

肝心の鳥は・・・・・?
時期が早すぎたのかも知れない。
また,ポイントも把握できていなかったのだろう。

いずれにしても,夢中になって鳥を探した楽しい日々だった。

| | コメント (0)

福江島探鳥記 ②

福江島の水田では,田起こしと代掻きの最中だったし,
すでに田植えが終わっているところもあった。
地元では,まだ麦が育っているところだ。
だから,麦が実って,刈り取って,田起こしをして,
というのは,まだまだずっと先のこと。

福江島でも,あちこちでコホオアカを見た。
とても小さいので,なかなか撮りにくい鳥だ。
頬を赤らめているように見えるところが,ちょっと可愛い。
Ko01




コホオアカの正面顔は,おもしろい。
Ko02





田起こしの済んだ田に,ムネアカタヒバリがいた。
土の色や枯れ草の色に紛れるので,写すのに手間取った。
Aka02 




水田に,ツバメチドリが1羽いた。
いつ見ても,おもしろい顔つき「をしている。
「逆さツバメチドリ」もいた。
Tubame 




アカハラツバメかと思っていたら,コシアカツバメだった。
Kosi01




おきまりの頭かき。
おかげで赤い腰が見えた!
Kosi02





びっくりした!
なんと,「平成」小学校が閉校したばかりだった。
よく手入れされた花壇には,きれいな花が盛りだったのに・・・・。
End


離島に出かけると,廃校をよく目にする。
対馬でも,母島でも,樺島でも。
誰もいない校舎や運動場を見ていると,ちょっと複雑な気分になる。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧